RECRUIT

Home > 採用情報 > 先輩の声

平野クレーン工業にはクレーン業務にまつわる各種営業を中心とした多彩な職種に従事する
エキスパート(専門家)が勢ぞろい。未経験の方をしっかりと教育する環境と各種制度も整っています。

先輩の声


営業

関西トップクラスの業務規模と安定感が入社の決め手に。

■入社8年目
■所属:
本社営業部
■職種:
ゼネコン営業担当

営業

関西トップクラスの
業務規模と安定感が入社の決め手に。

入社のきっかけ
前職も建設関係の仕事をしていたこともあり、平野クレーン工業の名前は知っていたのですが、たまたま求人を見て、どういう会社なのかを調べたところ、関西トップクラスの規模と実績を持った安定企業ということもあり是非この会社で自分の実力を試したいと思い応募しました。
現在の仕事内容・やりがい
現在は主にゼネコン担当の営業をしています。
関西トップクラスという事もあり、多くの企業との取引を日々行っております。目まぐるしく変化する現場の状況にいち早く対応するため、日々顧客への訪問を行い情報収集、提案を行っています。何をするにも人間関係の構築から始まるため、難しさもありますがやりがいを感じます。
契約すれば終わりではなく、現場が続くかぎり色々なことへの対応が必要になります。もちろんヘマをする事も多々ありますが、竣工の時に「ありがとう。次も頼むよ」と言われた時の達成感はこの上ないものです。
今後の目標
入社して8年目となり、後輩も出来ました。これからは教える立場となって後輩を引っ張り、会社の更なる戦力として認められる様になりたいと思います。

配車担当

営業からスタートし配車業務へ。
日々約150台のクレーン配車を担当。

■入社6年目
■所属:
業務部
■職種:
小型・中型配車担当

配車担当

営業からスタートし配車業務へ。
日々約150台のクレーン配車を担当。

入社のきっかけ
私は大学の就職活動で就職先が見つからず、バイトをしながら仕事を探していたところ、たまたま平野クレーン工業の営業スタッフの求人が目にとまり、応募しました。
それから3年後にフロント強化の為に、配車業務部に異動になり現在に至っています。
現在の仕事内容・やりがい
現在は業務部に所属し、オールテレーンクレーンとクローラークレーンの手配担当を経て、ラフタークレーンの配車担当として、日々120台から150台のクレーンを配車しています。
配車というのはお客様からご注文いただいた種類、大きさのクレーンをそれぞれの現場に振り分けるという仕事です。
配車を含む業務部は本当に忙しいセクションですが、あらゆる情報が集まる部署で、お客様とも直接触れる仕事なので、重要で中心的な仕事をしているんだ、と日々やりがいを感じます。
今後の目標
営業を経て中心である配車を経験したことで、自分でも自信が出来てきました。
この会社にはまだまだ色々なセクションがあり、様々な仕事があります。将来は配車を極め、もっと違う部署の仕事も経験し、平野クレーン工業のことでわからない事はないと言われる様になりたいと思っています。

クレーンオペレーター

生コンのミキサー車運転から転職。
目標は「5年間の無事故達成」。

■入社15年目
■所属:
業務部現業
■職種:
クレーンオペレーター

クレーンオペレーター

生コンのミキサー車運転から転職。
目標は「5年間の無事故達成」。

入社のきっかけ
私は前職で生コンのミキサー車に乗務していたのですが、仕事がない日は休みになる事から収入が不安定でした。その際、たまたま平野クレーン工業で働いていた知り合いにオペレーターは年中募集していること、給与についても仕事が豊富にあること、現場がない日も整備や点検等で出勤できるので収入が安定することをなど聞き、すぐに応募・採用されました。
現在の仕事内容・やりがい
現在は550ton吊のオールテレーンクレーンという種類のクレーンに乗っています。
前職でも建設現場へは出入りしていましたが、入社するまで見たこともない程の大きなクレーンです。
私は比較的入社してまだ日が浅いのですが、頑張ればこんなに大きなクレーンに乗れるということにやりがいを感じています。
今後の目標
私には2つの目標があり、まず一つは「5年間の無事故を達成すること」です。
その目標を達成することが、もう一つの目標である、「将来もっと大きなクレーンに乗る」という目標にも近づくと思っています。

安全スタッフ

業務の安全を守る“要”役とし日々、責任とやりがいを実感。

■入社6年目
■所属:
業務部安全課
■職種:
労務安全担当

安全スタッフ

業務の安全を守る“要”役とし
日々、責任とやりがいを実感。

入社のきっかけ
私は就職活動の中でたまたま見つけた求人で、平野クレーン工業の配車担当として入社しました。フロント業務を数年やったところで、安全担当の退職により欠員が出たため、安全部に異動となりました。
現在の仕事内容・やりがい
安全課の職務は大きく3つで、一つは事故防止、次に安全教育、次に事故・トラブル対応です。大きなクレーンを毎日百数十台動かしていると、マンホールを踏み割ったとか、街路樹にこすったという様な軽微な事故はどうしても発生します。
しかし、この会社の真剣な安全教育、活動を通じて、まず何十年も重大事故が発生していない、そして軽微な事故も目に見えて減っている現実を見て、地道にコツコツやっていることが実を結んでいると実感できます。
今後の目標
建設現場におけるクレーンオペレーターに求められる役割が徐々に増している中で、無事故は当たり前。マナーを含めたサービス品質の向上を目指し、10年目標として、クレームゼロ、事故の9割減を達成したいと思います。

このページの先頭へ